痛風になったら両国の内科で治す

by:

包茎手術包茎手術 糖尿糖尿

痛風になると、手足が腫れて、激しい痛みを伴うので、通常の日常生活を送るのが難しくなります。痛風の治療を両国で受けたいときは内科を受診するようにしてください。放置すると痛風結節になるので、関節などに尿酸塩の結晶があらわれ、こぶのように腫れあがってしまいます。足の親指のつけ根の関節が腫れることが多いですが、他にも手足の関節、腱、皮下、耳の軟骨などにも結節が出来るので、早めに治すようにしましょう。

高尿酸血症の状態が長く続くと、尿酸は尿酸塩という結晶の形となり、関節や腎臓などにあらわれます。足の親指などに出来ると、痛くてたまらなくなりますし、尿酸塩が腎臓の髄質にたまると、腎機能障害を起こします。尿酸塩を中心とする尿路結石も出来やすいので、健康診断で尿酸値の数値が高いことがわかったら、両国の内科で適切な治療を受けることが大切です。両国の内科で痛風かどうかを調べるときは、さまざまな検査を行います。

X線検査やCT検査、腹部超音波検査などを行えば、腎機能の状態や、尿路結石の有無を調べることが出来ます。合併症を併発していることもあるので、それを調べるために肥満度や脂質、血糖値などを調べたり、循環器の様子を見るため、心電図や心エコーなどの検査も行います。検査により痛風と判明したら、主に薬物療法が中心になりますが、食事を見直すなど、生活習慣の改善も必要です。痛みを取り除いたり、尿酸値を下げる薬を服用し、暴飲暴食に注意して生活すれば、やがては健康な状態に戻れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です