据え置き型浄水器の賢い選び方を解説
2020年9月15日

一人暮らしの浄水器を性能で選ぶ

一人暮らし用の浄水器といっても、性能にはこだわりたい人が多いようです。性能面から探す場合、何でろ過しているのかを調べるのが先決です。簡易型の浄水器で広く使われているものに活性炭があり、有害物質だけでなく臭いまで取り除けます。ただし、一度にろ過できる量は多くはありませんので、大量の水を使いたい時には向きません。

一人暮らしですからたくさん使うことは少なくて飲み水程度のケースもありますが、本格的な料理に使うとなると不便に感じることがあります。耐圧性や耐熱性に優れたセラミックフィルターは、高温で凍結されたセラミックに無数の穴をあけて、そこから水を通すことでろ過する仕組みです。劣化しにくく優れた効果が得られるため、少し高額な浄水器にも取り入れられています。一人暮らしでも本格的な浄水器を導入したくなったら、セラミックフィルターを採用している商品から選ぶと良いでしょう。

劣化しにくいということは、一度購入すれば長く使えますので、長い目で見るとお得かもしれません。大型の浄水器に使われることの多い逆浸透膜は、水分子と同程度の物質しか通さない膜を透過されますので、不純物をしっかりと除去できます。装置自体が大きくなりますので、基本的にはビルトインタイプに使われています。ビルトインタイプは一人暮らし用としては大きすぎますし、取り付けの際には大掛かりな工事が発生するため、持ち家でもなければ選択肢から除外するのが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *