据え置き型浄水器の賢い選び方を解説
2020年9月9日

一人暮らしにピッタリの浄水器とは

一人暮らしで浄水器を取り入れるのなら、ビルトインは少し大げさです。そもそも工事が必要ですので立ち合いができないと導入できませんし、シンク下にスペースが必要となって小さなアパートでは設置できません。また、部屋をいじる時には管理会社や大家さんの許可が必要になり、多くの場合は事前に申請しようとしても断られるはずです。機能的には申し分なくて欲しい機能が揃っているのがビルトインタイプですが、やはり一人暮らしには向きませんので、もう少し導入しやすい種類を確認しましょう。

機能面重視の人が選びたいのは、据え置き型浄水器です。汎用性が高くて、機能的な面で優れている商品を選ぶとほとんどの有害物質を除去してくれます。置く場所は大体シンク脇ですので、料理に使いやすいのも利点です。せっかく美味しくて安全な水が出るのですから、積極的に料理に活用したいところです。

フィルターの交換スパンは比較的長いので、一人暮らしで交換するのが面倒だと感じている人にも向いていますし、本体自体は高くてもフィルターはそれほど高額ではありません。もっと手軽の浄水器を楽しみたい場合には、ピッチャー型を見てみましょう。ピッチャー型は水筒型の容器の中に水を入れて、ゆっくりとろ過したものをコップ等にそそぐ仕組みです。本体は非常に安く購入できますし、フィルター自体も安価ですので、コストパフォーマンスに優れています。

フィルターの寿命は短めで、月1回程度の交換が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *