据え置き型浄水器の賢い選び方を解説
2020年8月18日

お風呂で使用する浄水器の仕組みとメリット

水道水には、雑菌の繁殖を防ぐ目的で残留塩素や原生のアンモニア、その他の有機物などが含まれています。

これらの物質と残留塩素が反応することによって、水道水独特のカルキ臭が発生します。お風呂で浄水器を使用することによってカルキ臭を除去することができるので、まるでミネラルウォーターでシャワーを浴びているような爽快感を得ることができます。風呂用の浄水器には、活性炭入りと塩素低減剤を使用したものの2種類があります。風呂用浄水器に圧倒的に多いのは、塩素低減剤を使用したタイプです。この塩素低減剤には、亜硝酸カルシウムやアルコルビン酸が使用されていて、水道水中の残留塩素と化学反応を起こすことで人体のない水素イオン、塩化物イオン、その他の物質へと酸化還元します。

残留塩素の低減剤は、ろ材としてカートリッジになっているので、定期的にカートリッジを交換することで効果を持続させることができます。水自体の臭いや不純物を取り除くことはできませんが、残留塩素を取り除くことができるのでお風呂で水を使用したときにイヤな臭いが発生することはありません。また、塩素の特徴としてタンパク質を酸化・分解してしまうことが挙げられます。皮膚も髪の毛もタンパク質からできているので、水道水に含まれている残留塩素によって微量ながらも肌や髪に悪影響を与えていることがあります。もちろん、人よって個人差はありますが、肌のバリア機能を低下させドライスキンと呼ばれるトラブルの起きやすい肌へと変化させてしまったり、髪の毛のキューティクルを壊してしまったりといった症状が起きますお風呂で浄水器を使用することにより、肌や髪への刺激が少ない身体に優しいお湯を使用することができるメリットがあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *