据え置き型浄水器の賢い選び方を解説
2020年8月9日

美に敏感な女性はお風呂に浄水器をつけるのがおすすめ

キッチンの水道水と同様に、お風呂の水にも水道水の細菌を殺菌するための残留塩素が含まれています。

残留塩素は衛生上必要不可欠なものですが、水道水に含まれているさまざまな物質と反応し微量ながら人体へ悪影響を及ぼすことも知られています。浄水器は、残留塩素とともにこれらの物質を取り除くことができるというメリットがあります。最近の住宅でよく見られる電気温水器は、水道水を貯めているにも関わらず飲料水には使用しないでくださいと注意書きされています。

実は、温水器の中には常に水が溜まっています。使い切れずに残ったお湯はそのままタンクに残るという仕組みになっているので、長期間何もしなければタンクの中にはお湯が残っている状態となります。つまりタンクの中は、汚れている可能性も捨て切れないということなのです。お風呂で浄水器を使用すると、残留塩素をはじめとした不純物を取り除くことができるので、キレイなお湯で安心してお風呂に入ることができます。また、水道水に含まれる残留塩素は、肌や髪に悪影響を与えるともいわれています。皮膚や髪の毛はタンパク質からできていますが、残留塩素にはタンパク質を分解・酸化する作用があるからです。肌のバリア機能が低下し、角質層が水分不足になりドライスキンの原因となることがあります。刺激を受けやすいドライスキンは、様々なトラブルを起こす原因といわれているので、美に敏感な女性には大敵です。また、髪のキューティクルを分解してしまうので、パサつきのあるキシキシした髪へとなりやすいという問題もあります。お風呂に浄水器を使用することでこれらの問題は解決できるので、お肌の弱い方や美容に敏感な女性には特におすすめです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *